デリカD5TOPデリカD5の評価>デリカD5の買取相場と売り時と買い替え時期

デリカD5の買取相場と下取り査定から売り時と買い替え時期を探る!

デリカD5の買取
※デリカD5:mitsubishi.jp

 

一円でも高く! 少しでもお得に!

 

デリカD5を売りたいですよね(そうですよね?)。

 

という訳で、ここではデリカD5の高額買取を実現するためのノウハウや、デリカD5の買取相場推移データを基に分析したベストな買い替えタイミングについて紹介しています。

 

これらの知識をマスターして、皆さんのデリカD5が高額買取してもらえますように。

 

 

デリカD5で買取が高くなる組み合わせは?

 

 

 

デリカD5で高い査定が出るグレードはコレ!

 

・2.0M
・2.2Dパワーパッケージ
・2.2Dプレミアム
・7人乗り

デリカD5の中でも高額買取が期待できるのは、こちらのグレードになります。

 

デリカD5のベースグレードとなるガソリン車の2.0Mは、そのリーズナブルな価格ゆえにリセールバリュー(購入価格に対する買取金額の比=お得の度合い)が高く、買い替えに強いグレードとしておススメです。

 

力強い走りでオンロード/オフロード共に大活躍のデリカD5 2.2Dパワーパッケージは、アクティブなユーザーからの人気が高く、中古車市場でも引き合いが多いため、高額買取が期待できるグレードの一つです。

 

ハイグレード感あふれるゆとりの車内空間や充実した装備で、その名の通り「プレミアム(特別)」なデリカD5 2.2Dプレミアムは、初期費用こそ高額ながら、それだけの価値・満足感に定評があります。

 

その人気から、中古車市場でも安定した買取相場が維持されており、高額買取だけでなく、自分で乗る上でもハイグレード感を味わいたいユーザーには、こちらのD5 2.2Dプレミアムがおススメです。

 

また、デリカD5には7人乗りと8人乗りがありますが、車内空間めいっぱいに人を乗せるベンチシートの8人乗りよりも、一人ひとりがゆったりと座れるキャプテンシートの7人乗りの方が、その居住性から人気も高く、買取相場も高くなっています。

 

デリカD5の高額買取を実現するためにも、こちらのグレード・仕様をおススメします。

 

 

デリカD5で高い査定が出る人気色はコレ!

 

・ウォームホワイトパール
・ダイヤモンドブラックマイカ
・2トンカラー

デリカD5の高額買取を目指すなら、ボディカラーの選択にも気合を入れていきましょう。

 

ボディカラーはデリカD5の第一印象≒人気を大きく左右する要素なので、中古車買取店としても売れ残るリスクが低い「人気カラー」のデリカD5を積極的に仕入れたがります。

 

……というのが一般的な中古車高額買取のノウハウなのですが、ボディカラーによる違いを調査してみたところ、デリカD5ではあまり価格差が出ていませんでした。

 

なので、ここは安全・安心(要するに無難)なホワイト&ブラック系か、上下で色を分けた2トンカラー(例:ホワイト&シルバー、グリーン&グレー等)をおススメします。

 

あまり買取相場を気にせず、自分の好きなカラーを楽しめるのが、デリカD5の魅力とも言えますね。

 

 

 

デリカD5で高い査定が出る人気のメーカーオプションはコレ!

 

・メーカーナビ
・マルチアラウンドモニター
・後席ディスプレイ
・エレクトリックテールゲート
・本革シート

デリカD5の高額買取を目指すために、おススメするメーカーオプションはこちらです。

 

メーカーナビはデリカD5の製造工場で一緒に作りつけるだけあって、一緒に生まれた双子のようなフィット感に定評があります。

 

その高い人気からデリカD5の買取でも高額査定が期待できますが、初期費用が高額であるため、予算に余裕があるならつけておきたいオプションとしておススメします。

 

マルチアラウンドモニターは、鼻先(交差点進入時の安全確認)・両脇・後方の死角をなくし、デリカD5をより安全に運転できるため、高い人気が買取査定にプラス。自分で乗る上でも是非ともつけておきたいオプションの一つです。

 

後部座席に独立したディスプレイ(画面)を用意できる後席ディスプレイは、同乗する家族や仲間たちが退屈しないで快適なドライブを楽しめるため人気が高く、デリカD5の買取査定アップが期待できるため、こちらのオプションもおススメです。

 

後部ドア(テールゲート)の開け閉めをラクちん&安全にするエレクトリックテールゲートは、女性や子供、高齢者でも荷物の出し入れや乗り降りが楽になるため人気が高く、高額買取&満足感を両立できるオプションですから、こちらも是非つけておきましょう。

 

そして本革シートは、実際に座ればわかる「ホンモノ感」。

 

合成皮革や織物シートには出せない感触(長く愛用するほど馴染みます)とハイグレードな質感は、多少メンテナンスの手間をかけるだけの価値があります(ただし、冬は冷たいので、個人的にはシートヒーターも併せておススメ)。

 

デリカD5でも高額買取が期待できるため、是非とも装着した上で、手をかけ愛情を注いで欲しいと思います(手入れをすればするほど、それに応えるかのようにしっくりと馴染んでくれるのが、本革の魅力です)。

 

デリカD5の高額買取を目指すなら、これらのメーカーオプションも選択・活用していきたいところです。

 

 

デリカD5の現在の買取相場はここで分かる

 

 

 

現在のデリカD5の買取相場を手っ取り早く調べるには、下記の査定サイトが便利です。

 

ネット上で自分の車の買取相場が分かるかんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込むと、現在の中古車相場を反映した買取相場が画面上に表示されます。

 

そのまま複数の買取店へ査定も申し込めるので、ディーラーでは出せない専門店ならではの高額提示が可能です。ディーラーより57万円も高値が付いた例もあります。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場

 

 

デリカD5の買取が安くなってしまう要因は?

 

色による査定の減額

・スターリングシルバーメタリック

先ほど「人気カラーのデリカD5は、買取査定のプラスが期待できる」と紹介しましたが、つまり逆に言えば「不人気カラーのデリカD5は、買取相場が下がってしまう」という事になります。

 

あまりボディカラーによる影響を受けないデリカD5ですが、どうしても「地味(≠シック)」な印象の拭えないシルバーは、他カラーに比べて若干弱くなってしまいます。

 

でも、シルバーには2トンカラーもあり、こちらは人気カラーと同等の査定が見込めるため、シルバーが大好きな方は2トンカラーで楽しむといいでしょう。

 

 

修復歴による査定の減額

 

あなたのデリカD5、大事に乗ってますか?

 

事故など起こして「修復歴アリ」になってしまうと、デリカD5の買取相場が大幅にダウンしてしまいますよ。

 

高年式&低走行の「買取相場が高いデリカD5ほど、買取査定のダウンが大きく」なる傾向が見られるため、注意しなくてはなりません。

 

中古車市場を調査したところ、ダメージ度合いにもよりますが、3年以内の売却でデリカD5の買取相場に10~30万円以上の金額差(≒損害)がでていました。

 

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

 

デリカD5の高額買取を目指すために、手放す瞬間まで気を抜かず、セーフティドライブでいきましょう。

 

 

輸出によるデリカD5の買取相場は?

 

【全年式共通】
・新車登録から7年以内 30~100万円
・新車登録から7年超過 30~50万円

海外市場でも人気が高いデリカD5は、過走行や修復歴などによって国内市場で敬遠されてしまうようなコンディションであっても、上記の底値(輸出買取相場)で買い取ってもらえるチャンスがあります。

 

上記の「~7年以内」「~7年超過」というのは、売却したデリカD5が「輸出先についた時点」の相場であり、手続きに時間がかかった等でオーバーしてしまうと、デリカD5の買取相場がダウンしてしまうこともあります。

 

そこで時間に余裕をもって、タイムリミットの半年~遅くとも3か月くらい前のタイミングで、デリカD5を売却すれば安心でしょう。

 

ちなみに、デリカD5を輸出買取相場で売却するためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要があります。

 

ディーラー下取りに出したら、下取り査定を極端に安く見積もられてしまうようなコンディションのデリカD5でも、買取店であれば上記の輸出買取相場で買い取ってもらえるチャンスが残されているので、「過走行」「旧年式」だからと諦めずに買取店で査定してもらいましょう。

 

ただし、完全に動かない・どうしようもないコンディションのデリカD5だと、さすがに輸出買取相場にも出せず、底値を割ってしまうかも知れないため、最低限乗れる・走れる状態はキープしておきたいものです。

 

 

 

 

デリカD5の買取相場は?デリカD5の下取りと買取相場表

 

デリカD5の買取相場を1年落ちから10年落ちまで調査、リセールバリューと合わせて一覧表にまとめました。

 

新車からの経過年数 2.4Gパワーパッケージ 2.2Dパワーパッケージ 2.2Dパワーパッケージ
参考ディーラー下取り相場
新車価格 317.7万円 353.4万円 353.4万円
1年落ち・2016年
現行

244万円

(76.8%)

274万円

(77.5%)

246万円

(69.6%)

2年落ち・2015年
現行

233万円

(73.3%)

269万円

(76.1%)

241万円

(68.1%)

3年落ち・2014年
現行

225万円

(70.8%)

255万円

(72.1%)

227万円

(64.2%)

4年落ち・2013年

現行

213万円

(67.0%)

240万円

(67.9%)

212万円

(59.9%)

5年落ち・2012年

現行

194万円

(61.0%)

220万円

(62.2%)

191万円

(54.0%)

6年落ち・2011年
現行

182万円

(57.2%)

207万円

(58.5%)

177万円

(50.0%)

7年落ち・2010年
現行

172万円

(54.1%)

192万円

(54.3%)

162万円

(45.8%)

8年落ち・2009年
現行

143万円

(45.0%)

162万円

(45.8%)

132万円

(37.3%)

9年落ち・2008年
現行

118万円

(37.1%)

157万円

(44.4%)

127万円

(35.9%)

10年落ち・2007年
現行

111万円

(34.9%)

129万円

(36.5%)

99万円

(28.0%)

カッコ内の%は、デリカD5のリセールバリュー(新車価格に対する買取価格の割合)です
上記の買取相場は、修復歴なし、色はホワイトパール・ブラック、走行距離は1万km/年平均、内外装年式なりの平均的なコンディションのクルマを対象としています

 

 

こうして見ると、デリカD5はデビューから10年間、2WDを除いてモデルチェンジも入っておらず、買取相場は年式相応になだらかな下降を示しています。

 

(※2018年にフルモデルチェンジの入る情報があるため、今後旧式化する現行モデルの買取相場下落が大きくなる可能性については、十分にご注意願います)

 

3年落ちのリセールバリューで見ると、2.4Gパワーパッケージで70.8%、2.2Dパワーパッケージで72.1%という数値を出しており、これは3年落ちの普通乗用車の平均値(50~55%)比べてとても高いものとなっています。

 

その後、5年落ちで62.2%、7年落ちでも54.3%というリセールバリュー(2.2Dパワーパッケージ) を維持しており、デリカD5はしっかり乗っても価値を残せる、買い替えにすぐれたクルマであると言えます。

 

ちなみに、参考としてデリカD5 2.2Dパワーパッケージをディーラー下取りに出した場合の下取り相場を表の右端に載せてみましたが、買取店による買取金額と比較すると、30万円ほど安くなっているのがわかります。

 

これまで20台以上のクルマを売却してきた管理人ですが、いつも必ずディーラーと買取店の両方から見積もりをとって比べてみても、ディーラーの方が高額査定だったことは、2回しかありません。

 

特に、デリカD5のような高い買取相場が残るクルマほど、その差額が大きくなる=それだけ損をしてしまう傾向が強いため、デリカD5を売る時は、ディーラー下取りよりも買取店の方がおススメです。

 

 

デリカD5を買い替えるなら高く売れるタイミングで!

 

 

 

買取相場から見る1年ごとのデリカD5の損失額は?

 

メーカーオプション(ウォームホワイトパール、後席ディスプレイ、エレクトリックテールゲート等)・ディーラーオプション(フロアマット、エクシードバイザー等9.2万円)・値引き合計31.8万円で「デリカD5 2.2Dパワーパッケージ」を購入した場合の総支払額は、諸費用込みで3,960,000円となります。

 

グレード名 デリカD5 2.2Dパワーパッケージ
車両本体価格

3,534,840円

メーカーオプション 542,160円
ディーラーオプション 92,814円
ディーラーオプション値引き ▲18,000円
諸費用 114,380円
新車値引き ▲300,000円
総支払額 3,960,000円(端数切捨て)

 

この396万円からその年の買取相場をを引いた金額が、デリカD5売却時の損失額となります。

 

損失額の推移から、デリカD5 2.2Dパワーパッケージの売り時を探ってみましょう。

 

新車からの経過年数

デリカD5 2.2Dパワーパッケージ

買取相場

売却時の損失額
1年落ち・2016年
現行

274万円

122万円
2年落ち・2015年
現行

269万円

127万円
3年落ち・2014年
現行

255万円

141万円

4年落ち・2013年

現行

240万円

156万円

5年落ち・2012年

現行

220万円

176万円
6年落ち・2011年
現行

207万円

189万円
7年落ち・2010年
現行

192万円

204万円
8年落ち・2009年
現行

162万円

234万円
9年落ち・2008年
現行

157万円

239万円
10年落ち・2007年
現行

129万円

267万円

上記の買取相場は、修復歴なし、色はホワイトパール・ブラック、走行距離は1万km/年平均、内外装年式なりの平均的なコンディションのクルマを対象としています

 

上記はデリカD5 2.2Dパワーパッケージの買取相場と、各年落ちのタイミングで買取店へ売った場合の購入価格に対しての損失額です。

 

上記の数値を参考に、デリカD5のベストな買い替えのタイミングを考察してみます。

 

 

車検のタイミングでデリカD5を買い替えるなら

 

 

「ウチのデリカD5、今度の車検を通すの面倒だし、業者に頼むと高いから、買い替えちゃおうかな……」

 

そう思っているデリカD5ユーザーの方、結構多いのではないでしょうか。

 

そんな事もあろうかと、各車検のタイミングでデリカD5を買い替えた場合、何回目の車検で買い替えるのがよりお得なのか、試算してみました。

 

まず、上の表データをベースとして、各回車検ごとのデリカD5売却損失額とその年当たり額、そしてそれぞれの前回比を一覧表にまとめ直します。

 

 

車検

損失額の合計

(前回比)

年当たり損失額

(前回比)

1回目
(3年落ち)

141万円

(+141万円)

47万円

(+47万円)

2回目
(5年落ち)

176万円

(+35万円)

35.2万円

(-11.8万円)

3回目
(7年落ち)

204万円

(+28万円)

29.1万円

(-6.1万円)

4回目
(9年落ち)

239万円

(+35万円)

26.5万円

(-2.6万円)

 

 

こうして見ると、モデルチェンジが入っていないこともあって、デリカD5の売却損失額は車検回数ごとにゆるやかな(年式相応の)下降を示しているのがわかります。

 

これだけなら「デリカD5は長く乗り続けた方がお得」と言えますが、一台のデリカD5にあまり長く乗り続けていると、機械的なトラブル=修理コストが発生するリスクや、モデルチェンジが入ることで買取相場が下落=損失額が大きくなるリスクもありますから、何事もサジ加減です。

 

そこで、ここではお得感とリスク対策が両立できる2回目(5年)の車検タイミングでデリカD5を買い替えることをおススメします。

 

 

走行距離を目処にデリカD5を買い替えるなら

 

デリカD5に限った話でもありませんが、どんな車でも走行距離は短い方が買取相場は高くなります。

 

だからデリカD5の高額買取を目指すのであれば、走行距離を少しでも抑えたいところですが、乗るために買ったデリカD5ですから、走行距離と年式のバランスがとれた買い替えタイミングを探ることが重要になります。

 

走行距離が年間1万km未満であれば5年以内程度の比較的短期間で、走行距離が年間1万kmオーバーの過走行ぎみであれば、最低限乗れる・走れるコンディションを保ちながら出来るだけ長く乗った方が、買取相場の残りやすいデリカD5では有利になります。

 

走行距離によるデリカD5の買取相場は、5万km、7万km、10万kmをめどに下がっていくので、その辺りの走行距離が近づいたら、なるべく早めに「デリカD5を手放すか、乗り続けるか」を判断しましょう。

 

 

年式が古くなってデリカD5を買い替えるなら

 

デリカD5は、年式が古くなっても平均以上の買取相場が残りやすいクルマです。

 

上の表を見ても、10年落ち≒10万km走行というコンディションのデリカD5であっても、129万円という買取相場が残っています。

 

なので「年式が古くなるから」と慌てて手放すことなく、じっくりと高額買取のチャンスを狙うことができます。

 

しかし、世の中は何でも限度というものがあって、20万kmをオーバーしてしまうような過走行や、完全に動かないくらい致命的なダメージ(修復歴)など、あまりにも状態が悪すぎれば、ディーラーでは下取り査定を極端にマイナスされてしまいかねません。

 

それでも買取店なら先述した輸出買取相場でデリカD5を買い取ってもらえるチャンスが残されていますから、少しでも買取相場が残せるよう、デリカD5を大切に乗りましょう。

 

 

モデルチェンジのタイミングでデリカD5を買い替えるなら

 

 

デリカD5はデビューから2017年時点まで、2WDを除いてモデルチェンジが入っていませんから、一般論ではありますが、モデルチェンジはデリカD5の買取相場に大きな影響を与えます。

 

モデルチェンジには大きくフルモデルチェンジとマイナーチェンジの2つがあり、それぞれ意味合いやデリカD5の買取相場に与える影響が違います。

 

デリカD5の内外装やエンジン等の仕様が一新され、完全な新型モデルとして生まれ変わらせるのがフルモデルチェンジで、デリカD5を部分的に改良し、内外装のデザインやエンジン等の仕様が更新されるのがマイナーチェンジ。

 

改良度合いの大きさとしては「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

 

これらのモデルチェンジはデリカD5の外観やスペック、使い勝手や乗り心地を大きく変えるため、ユーザーの人気が動いて新旧デリカD5の買取相場に大きな落差を生み出します。

 

つまり、モデルチェンジのタイミングを逸してしまうと、デリカD5の買い替えで大きなダメージ(損失)をこうむるリスクがあることを覚えておいてください。

 

さて、2007年1月のデビューから10年が経ったデリカD5ですが、2018年にフルモデルチェンジが入るという情報が出ています。

 

モデルチェンジによって旧式となる現行デリカD5の買取相場が下がり始めるのは、一般的にモデルチェンジが始まる半年前からと言われています。

 

モデルチェンジのタイミングでデリカD5を買い替えるなら、モデルチェンジの入る半年前から3か月前を目安にデリカD5を売却できるよう、計画的な行動をおススメします。

 

 

不人気色、過走行のデリカD5なら買い替えずに乗り続ける選択も

 

過走行や修復歴、(リセールバリュー的に)微妙なグレード。

 

そんな「買取相場の大幅ダウン」が明らかなデリカD5を、一日も早く手放して「カーライフをリセットしたい!」という気持ちは解ります。

 

しかし、そうしたデリカD5は、高年式・低走行など「買取相場が高いほどダメージ(売却時の損失額)が大きい」事を忘れてはいけません。

 

ここはひとつ我慢して、そのデリカD5に乗り続けるのも一つの手です。

 

そのままデリカD5に乗り続けていれば、年々徐々に買取相場が安くなっていき、やがて輸出買取相場に該当するようになれば、そこがデリカD5の底値です(例:新車登録から7年超過のデリカD5で30~50万円)。

 

そうなれば、もう今さら1万kmくらい余計に走っても買取相場はほとんど下がりませんから、心行くまでデリカD5を乗りこなして元をとり、お得感を最大限に引き出してから売るといいでしょう。

 

その間に次のクルマを購入する資金を貯めておけば、夢(クルマ選びの選択肢)も広がりますから、今度こそ幸せなカーライフを実現しましょう。

 

しかし、あまりにひどいコンディションのデリカD5では、さすがに輸出買取相場でも値段がつかなくなってしまうかも知れないので、最低限きちんと乗れる・動く状態でデリカD5を売れるようにしておきましょう。

 

 

デリカD5を買い替えるなら何月に売るかも考慮する

 

 

あなたがどれだけ大切に乗っていても、年式が古くなれば、大なり小なりデリカD5の買取相場が安くなっていくのは仕方のないことです。

 

しかし、デリカD5の買取相場は毎年「いっせーの!」で下がる訳でも、毎月キッチリ12等分に下がっていく訳でもありません。

 

「じゃあ、どういう風に下がるのか」って?

 

一年間のトータルでこそ、デリカD5の買取相場は下がっていきますが、その一年間の中では、下がる月、横ばいの月、逆に上がる次だってあるのです。

 

売るのは、まったく同じあなたのデリカD5。

 

でもデリカD5を売る時期によって買取金額が違ってくるとしたら……?

 

そりゃもう、少しでも高く売れる時期を狙ってデリカD5を売りたいですよね!

 

でしたら、以下に紹介する時期を狙って、デリカD5の高額買取を目指しましょう。

 

・大きく下がる12月
クリスマスや年末年始、楽しみなイベントが目白押しの12月はウキウキしている方も多いと思いますが、中古車販売店はあまりウキウキしていません。

なぜなら、年末年始の長期休暇を前にして「年をまたいで在庫を抱えたくない」ので、中古車の仕入れに熱が入らないためです。

(クルマは高額なので、仕入れてすぐ売れるとは限らないし、保管するとコストがかかる上、盗難や災害などのリスクに神経を使います。そして何より、縁起が悪そうで嫌なんです)

当然、業者オークションもおとなしめで、パッとしない落札価格がそのまま、あなたのデリカD5の買取相場を直撃します。

なので12月、特に中盤以降のデリカD5売却は、おススメできません。

・横ばいとなる9~10月
暑い夏を乗り切り、中間決算期を迎える9月は、中古車市場も活気を取り戻します。

それまでだだ下がりだったデリカD5の買取相場をちょっとだけ押し戻し、横ばい状態でがんばってくれるため、他の時期と比べて、相対的にデリカD5が高く売れる、というわけです。

そのため、夏から秋ごろにかけてデリカD5の買い替えを考えているのであれば、9~10月がおススメです。

・デリカD5を売るなら、やっぱり1月~3月第1週!
お待たせしました!

一年間の中で、最もデリカD5の高額買取が期待できる時期です。

(ちょうどデリカD5の売却を検討しているあなた、ラッキーですね!)

年度末決算による中古車市場の活性化に加え、4月から始まる新年度&新生活に向けた中古車ニーズの高まりによって、業者オークションも盛り上がります。

その活況ぶりは、それまでの下落を押し返してデリカD5の買取相場を上昇させる勢いがあるため、あなたのデリカD5も、高額買取が期待できるのです。

年末にデリカD5を手放すくらいなら、もう少しだけ待って新年に売った方が、より高額な買取金額を手に、幸せ感あふれるお正月が過ごせるかも知れません。

ただし、事前にモデルチェンジ情報が入っている場合、この限りではありません。

 

モデルチェンジがデリカD5の買取相場に与える影響は時期的要素よりも大きいため、デリカD5の買取相場が下がり始めてしまう前に、迅速なデリカD5売却をおススメします。

 

 

デリカD5の買い替えは、何年ごとがお得?

 

 

デリカD5を買い替えるなら、何年ごとのタイミングがよりお得でしょうか?

 

これまでのデータを基にして、1年落ち~10年落ちまで、デリカD5の買取相場下落と車検&タイヤ交換のコストを含めた売却時の損失額を試算しました。

 

今回はその中から、特徴的な5年後と10年後のデータをピックアップします。

 

デリカD5 2.2Dパワーパッケージを5年ごとに買い替えた場合:
・車検は通1回、タイヤ交換も1回
・故障=修理代の発生リスク:低
・モデルチェンジ(≒買取相場の大幅下落)のリスク:低
・5年後の損失額:195.4万円(39.0万円/年)
・5年ごとに買い替えた場合の10年後損失額:390万円

(※この間、買取相場の下落幅によって多少の上下はあるものの、損失額は全体的に下降しています)
(※ちなみに、1年~4年ごとの10年後損失額は400~1,200万円以上となっており、経済的負担が大きすぎて考察から除外しました)

デリカD5 2.2Dパワーパッケージを10年ごとに買い替えた場合:
・車検は4回、タイヤ交換は3回
・故障=修理代の発生リスク:高
・モデルチェンジ(≒買取相場の大幅下落)のリスク:高
・10年後の損失額:337.2万円(33.7万円/年)
・10年ごとに買い替えた場合の10年後損失額:337万円

【前提】
※走行距離は平均1万km/年ペース、修復歴や汚損なしとする
※車検は一回12万円とする
※タイヤ交換は約3万km≒3年ごとに行い、一回7.4万円とする


 

こうして見ると、デリカD5 2.2Dパワーパッケージを5年ごとに乗り換えるのと、10年間乗り続けるのとでは、63万円の金額差があります。

 

つまり「デリカD5に5年長く乗り続ければ63万円が節約できる」事になります。

 

5年で63万円が浮くんなら、節約のし甲斐もあるし、じゃあ10年間デリカD5に乗り続けよう、と思うかも知れませんが、ちょっとそれは早計に過ぎます。

 

数字にこそ上がっていませんが、一台のデリカD5に長く乗り続けることによって、機械的トラブル=修理コストが発生するリスクと、モデルチェンジが入ってデリカD5の買取相場が下落=損失額が大きくなるリスクがそれぞれ高まることを考えなくてはなりません。

 

また、デリカD5を売却した時「手元に残る金額」も、5年落ちでは220万円、10年落ちになると129万円とほぼ2倍の差額が出ていますから、次のクルマ選びの選択肢が大きく広がることは間違いありません。

 

そして、同じ10年間で2回も最新のデリカD5に乗れることを考えると、お得感は圧倒的に高まります(仕事でもプライベートでも、新車に乗れるのは嬉しいですよね)。

 

これらの要素を総合すると、デリカD5のよりお得な買い替えタイミングとして、5年ごとの買い替えをおススメします。

 


さて、デリカD5のお得な買い替えタイミングがわかったところで、デリカD5のお得な買い替えポイントについてもおさえておきましょう。

① 走行距離は1万km/年以内のペースをキープする
② 安全運転&小まめなメンテナンスで内外装のコンディションを維持
③ 買う時は買取査定アップを狙った人気カラー&グレードを選択
④ 買取査定アップにつながりにくいディーラーオプションはつけない
⑤ 買う時は交渉でMAX値引きを達成(がんばろう!)
⑥ 売る時は交渉でMAX査定を実現(テクニックを駆使!)

これらのポイントがきちんとおさえられたら、どんなタイミングでデリカD5を売却しても、その損失額は最小限ですませられるでしょう。

 

特に④のディーラーオプションは、メーカーオプションと違って買取査定のアップにつながりにくいので、ナビゲーションやフロアマット、ドライブレコーダーやシートカバー等は、お得な社外品を揃えて初期費用を安くしましょう。

 

デリカD5に適合する社外品はコチラ!

 

⑤のデリカD5値引き交渉テクニックについては、専門ページ「デリカD5一発値引き交渉術」で詳しく紹介しています(おススメ!)。

 

そして⑥のデリカD5高額買取を実現するためのテクニックについては、下記の「デリカD5を高く売る方法」も参考になるかと思います(なるよ!)。


 

下取り車があればデリカD5の総額を下げられる!

 

もし下取り車があるなら、新車の値引き以上にデリカの総額を下げる事も可能です。

 

誰でも出来る簡単な方法なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は安すぎる?

 

新車に買い替えるなら、まずはディーラーで査定、と言う人が多いでしょう。管理人もそうです。

 

ここで注目したいのは、「ディーラーは下取り金額を安く見積もる」事です。

 

何故かと言うと、低く見積もって安く下取り車を取れれば、自社の中古車部門で転売したり、業者オークションに出すなどして、多くの利益を生むことが出来ます。

 

そうすれば、多少新車の値引きを多くしても下取り車の方で回収できてしまうので、ディーラーとしては損が無いと言う事になります。

 

ユーザーからすると、もっと高く売れたはずなので、損が多くなってしまいます。

 

 

ディーラーの下取り金額をかんたんにアップさせる方法

 

管理人の実例で紹介しましょう。

 

以前10年落ちのムーヴカスタムを買い替える時に、買い替え先のディーラーで査定してもらいました。

 

そこで言われた下取り金額は10万円でした。

 

10年落ちだし、10万も付けば良い方かな?と思っていましたが、新車の予算ギリギリだったので、少しでも高く売れるようにと買取専門店にも査定してもらう事にしました。

 

買取専門店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算価格が分かります。

 

 

査定相場

 

そこで出た金額は、なんとディーラーよりも20万円も高い査定でした。

 

週末にディーラーへ行った時に、「ムーヴですが買取店では31万て言われましたよ?」とセールスさんに伝えてみました。

 

すると「うちもギリギリなんで・・30+リサイクル料の戻りで何とかお願いします!」と、あっけなく?ディーラーの下取り金額も30万円に上がりました!

 

その時の契約書はこちらです。

 

 

デリカ下取り契約書

 

もしディーラーの言う通りに最初の10万円で決めていたら、20万円も損する事になります・・・

 

後日買取店にも査定してもらいましたが32万円だったので、納車まで乗っていられるディーラーへ下取りに出す事にしました。もっと高ければ買取店へ売っても良いでしょうね。

 

ちなみに買取店では、「ノーマルのムーヴならいいとこ10万ですが、カスタムならまだまだ値段付きますよ」との事でした。

 

買取店を検討して良かったと思いましたね(^^;

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込み後、自分の車の概算価格が画面上に表示されます。ディーラーの下取り金額と比較したい、早く自分の車の相場を知りたい、などの方にはおススメのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

デリカD5を安く買うには?

 

一度の交渉のみで、デリカD5の限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

 

>>デリカD5の一発値引き交渉はこちら

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 三菱 デリカD5情報サイト! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com